イラストお絵かきiPad、結局どれがいいのかな〜っと

この記事は約3分で読めます。

新しいiPadとiPad mini発表されましたねー

わたくし現在、趣味とお仕事を兼ねて使っているのはiPad Air第3世代
初iPadだったから、ちゃんと使うのか不安ながらも試行錯誤して買ったのね

↓試行錯誤の様子と結果はこちら参照

2年使ってみて、現在の心境はと申しますと

iPad Pro欲しい

いやいや、iPad使うわ私
仕事もラフとかすっごい使うわ
てか最近に至ってはラフどころか線画まで行ってるわ

だーかーらー

iPad Pro欲しい
12.9インチのやつ欲しい

使い始め当初はね、お絵かきアプリはAdobe frescoと当時公開ホヤホヤのiPad版 Photoshopで手書き感を楽しんだりラフが楽だわーっつって快適に使っていたのですよ

ちょっと状況が変わって来たのがiPad版illustratorアプリの公開
それとPro createの導入

正直な体感、ラフや手書き仕上げの仕事をする時はPhotoshopもfrescoも抜いてPro createが使いやすくて圧勝

ラフ終わって線画に入る時も、線画を描くスピードが速いのはiPad版illustrator

で、illustratorで描いた線画はクラウドで共有できるのでそのままPCで着色に入るという現状1番仕事しやすい流れでございます

個人的な感想で、私の着色の方法だと今現在のiPad版illustratorでは着色しにくいので、着色に関しては圧倒的にPC版illustratorの勝利

と、いうわけで2年前のiPad Air3に不満は全くないのですよ

だけど

iPad Proが欲しい

なんで新しく発表されたお手軽価格でチップが上位の無印iPadではないのかっつーと

フルラミネーションディスプレイじゃないからというのがひとつ

口に出したら噛み倒しそうなフルラミネーションディスプレイとは何だっつーのを申しますと下図のとおり、ペン先と実線の距離があるかないかっつーところに影響出てくるのでございますよ

フルラミネーションディスプレイなし
フルラミネーションディスプレイあり

これが割と描いてるとストレスの違いがでかい

だからいくら新機種でチップが上位でもこれが採用されてない無印とminiでは…

miniには採用されてるーーー!!Σ(‘◉⌓◉’)

無印iPadにはないけど新型miniにはガッツリ採用されてました
あー手帳に使うには抜群に書きやすいかー

だけども仕事絵には画面が小さすぎるからminiは選考からは除外
無印iPadも除外

じゃあ第4世代のiPad Airは?ってなってくるんだけど
ここでチップ比較

Apple Store モデル比較より

真ん中が今使ってるヤツ
右の第4世代では2段階上のチップが採用されてます

はい

左に注目ー

はい来たコレM1ー
パソコンレベルの処理能力ー

じゃあパソコンでいいじゃんってお方はちょっと黙ってて

絵描き目線で行くとこれすごく重要
フルらみネーションディスピュリレー(噛)と同じくらい重要

複雑なブラシを使う時や、ペン運びを早くザカザカ描きたい時
処理能力が違うと思い通りに描けないのですよ
↓こんな感じでペンに実線がついて来るのが遅くなっちゃう

処理能力低い
処理能力高い

考えただけでストレス
私ストレス

もちろんそれだけじゃなくて
やっぱり仕事のは印刷用の解像度高いものばかりなので、作品の扱いにモタつくのが時間のロスになって嫌なんですよ

あと画面デカいのがいい
外持っていかないし

そんなこんな色々考えて出た結論、私的iPadの住み分けはこんな感じ

うん

まあ

まだ買わないんだけど

読んでくれてありがとうございます!
暇つぶしになったらポチッと応援お願いします

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました